最近作ったもの

オサガメの背負い鞄

 【オサガメの背負い鞄】

最大で全長2m、体重900㎏にも達するウミガメ。

世界中の海に広く分布する。

英名「Leatherback turtle」の通り、甲羅ではなく革のような厚い皮膚に覆われる。

主にクラゲなどを食べる。食道には棘状突起が並び、食べたものが口から逆流するのを防いでいる。


産卵場所の環境悪化、卵の乱獲、ビニール袋の誤食などにより、生息数が激減している。


ヨゴレ

【ヨゴレとブリモドキのBAG】


メジロザメ科。

外洋性の大型のサメ(最大4m)で、性格は凶暴で好奇心が強い。

大きくて丸っこい背鰭、胸鰭、尾鰭だけでも十分好みだが、さらに白斑があるところが格好良い。


取り巻きの「ブリモドキ」も、いちいち小物入れ。

ヨゴレ2
マダガスカルヒョウタンゴミムシのバッグ
マダガスカルヒョウタンゴミムシのバッグ
ヘクソドンのポーチ
アビシニアコロブスのバッグ
アビシニアコロブスのバッグ
メンガタスズメのカラスマスク
イワツバメシラミバエ

 【イワツバメシラミバエの小銭入れ】

高速飛翔&長距離の渡りをするイワツバメ(鳥)の体表に寄生する。

体は扁平で、脚が太く、先端は鉤爪。 体長5㎜。

翅は有るが飛ぶことは出来ない。


幼虫は雌体内で終齢まで育ち、産出後すぐに蛹(!)になる。

(↑「蛹生類」というらしい)

ヘビトンボ幼虫

 【ヘビトンボの幼虫BAG】

北海道〜九州のきれいな河川に生息。

幼虫・蛹・成虫のすべての段階で発達した鋭い大顎を持ち、攻撃的。

(特に、さなぎ界では「最強」と言われている)

幼虫は最大60㎜にもなり、強い肉食性で他の水生昆虫を捕らえて食べる。

腹面にあるフサ状のエラが可愛らしい。

トンボではない。

ヤンバルクイナのポーチ

 【ヤンバルクイナのポーチ】

沖縄島北部の森や草地、畑周辺に生息。

昆虫やミミズ、カタツムリ、木の実や種などを食べる。

滑空はできるが飛翔能力はない。

夜間はハブを警戒し、木によじ登って眠る。

体長35㎝、体重350-500g。


ロードキル(轢死、側溝への転落死など)、マングースによる捕食のほか、

野猫や野犬 による被害も深刻化している。

ケジラミの小銭入れ

 「ケジラミの小銭入れ」


毛を左右交互に引っ張ると、ケジラミが上がっていく。

裏面に小さなポケット。

首から提げる必要はない。


素材: 牛ヌメ革、丸牛紐、ジャンパーホックボタン

ムササビのポーチと巣穴のバッグ

【 ムササビのBAG】


実物大のムササビポーチと、巣穴の空いた木の幹バッグのセット。

木の幹にはムササビの食痕がついた葉っぱ付き。

ムササビの尻尾にはプープー笛、タマタマには2つの鈴入り。

 【コハナバチに群がるツチハンミョウの1令幼虫】

ツチハンミョウ幼虫は、羽化したコハナバチが地上に出てくるのを待ち構えて、身体にしがみつく。(最終目的地・ヒメハナバチの巣を目指すための最初の乗り物)


作品の幼虫はマグネットで着脱可能

クリップなども付けられて便利。

ムツトゲイセキグモの粘球マグネット

 【ムツトゲイセキグモの…何かお洒落で便利な提げ物】

先端に粘球のついた「投げ縄」をグルグルと振り回し獲物を捕らえるクモ。

その際、メス蛾の性フェロモンを出してオス蛾を誘引しているらしい。


※作品では粘球がマグネットになっており、メモや写真を付けられる。

写真資料提供:ジーク氏@bufoninus

カブトザトウムシのポーチ

 【カブトザトウムシの小物入れ】

四国ブナ帯の林床落葉中に棲息するザトウムシ。

頭部前方に突き出た「兜飾り」が意味不明に格好良い。

背中の網目模様、末端のイボイボなど魅力が盛りだくさんで、実は体長2.5mm。

(大変貴重な写真を提供して下さったのはジーク氏@bufoninus )